ドイツの扉

ドイツの扉

1年間限定のドイツ生活。わからないことだらけだけど、ドイツの扉をたたいてみます。

ドイツの医療システムに翻弄される

愚痴です。

 

約8か月ドイツで暮らしてみて、ドイツのいいところも悪いところも少しずつ見えてくるようになり、大抵の習慣の違いは受け入れられるようになってきたと思います。

 

でもドイツの病院受診のシステムだけは別。私が住む町が田舎だからというのもあって、とにかく酷すぎます。

 

婦人科で毎年受けている検診を受けたいと思い立ってから早3か月。いまだに予約が取れていません。

電話では埒が明かないので(そもそも電話を取ってもらえない)、市内の婦人科数件に直接乗り込んでいきましたが、「新規の患者さんは受け付けていません」「一番早くて次の予約は来年の3月です」とほぼ門前払い。妊活の相談もしたいというと「現在妊娠中の人しか受け付けていません」という冷たい仕打ち。

 

そして数日前から左耳に違和感があり、若干痛みもあるので耳鼻科にも電話をしてみたのですが、1日がかりでやっとつながった電話口の向こうでは「新規の患者は受け付けていない」の一点張り。耳が痛いのだという点を強調してみても、「ほかの耳鼻科をあたってください」と言われるのみ。他の耳鼻科って、この田舎にはそもそも3軒しか耳鼻科がありませんけど!!

 

ちなみにドイツには「かかりつけ医」というシステムがあり、通常はどの家庭も何か異常があれば自分のかかりつけのドクターにまず診てもらってから必要に応じて専門医に紹介してもらうというのが普通。しかし、地元から離れて暮らす超健康体のうちのドイツ人夫には、いまだにこの町のかかりつけ医がいないのです。

 

専門医に直談判してだめならば、まず私がかかりつけ医(通常は内科のドクターが多いみたい)を見つけて、その先生に耳鼻科を紹介してもらうしかないと思ったのですが・・・

 

ここでもまさかの「新規の患者さんは受け付けていません」という台詞に行く手を阻まれます。

 

近所のかかりつけ医候補の内科は3軒とも全滅でした。

 

市内にも内科の先生は何人かいるけれど、おそらくインターネットに載っているところは予約がとれないしどうしよう…と困っていたら、夫が近所の内科医院(新規は受け入れていないと一度断られたところ)にもう一度電話をしてくれました。

 

結果的に、「うちをかかりつけ医として指定し、この先専門医にかかるまえにまずうちの医院で診察を受けるという契約にサインをするなら後日診察します」ということに。

 

専門医へ自分の患者をまわすと何か金銭的なメリットがあるのでしょうか。かかりつけ医に指定しないと診察してくれないってどういうこと?!とムカムカしています。とはいえ、とにかく誰かに診察してもらわないことには耳鼻科にもいけないので、このお医者さんをかかりつけ医として指定することになりました。予約は先なのでまだ会ってもいませんが。

 

ちなみにこの医院のネットでの評判はすこぶる悪く、「予約が取れない」「待ち時間が長い」「待合室が混みすぎていて、寒い雨の日なのに外で待たされた」「受付の人の態度が悪い」など散々な言われよう。ドクターについての批判はあまりなかったので、せめていいお医者さんであることを祈ります。

 

そんなこんなで病院へ行くという単純なことに大騒ぎしているわけですが、そもそもどんな病院でも予約が必要というドイツのシステム自体がどうかと思います。歯科検診や婦人科検診、健康診断などであれば予約する意味もありますし、日本でも評判の良い歯科や婦人科で新規の予約は受け付けていないといわれた経験もあります。でも内科や耳鼻科に関する不調があるときには「今」診てもらいたいもの。日本の内科や耳鼻科で当日診察してもらえなかったことがないだけに、ドイツでは内科ですら予約が取れないということにショックを受けています。

 

もちろん時間外診療を受け付けてくれる救急センターがある大きな総合病院もあるのですが、ドイツでは通常こういった総合病院は入院患者の対応がメインなのだそうです。私の耳の違和感もそこまで緊急性があるものではないので、ドイツ的手続きとしては、かかりつけ医を通してから耳鼻科に行くというのが筋なのでしょう。

 

大きな街ならもっと選択肢もあるのでしょうけれど、田舎ではかかりつけ医がいないというのはこんなにも面倒なことになるのかと驚くやら呆れるやら。こんなことならドイツに来てすぐかかりつけ医を見つけておけばよかった!

 

これからドイツの田舎に住む予定のある方は、身体に異常のないうちに早めにかかりつけ医を探しておくことを強くお勧めします!

 

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村