ドイツの扉

ドイツの扉

1年間限定のドイツ生活。わからないことだらけだけど、ドイツの扉をたたいてみます。

ドイツの「ふきん」は世界で3番目に素晴らしい

昔から水気を吸わないタオルやハンカチが許せないのですが、一番許せないのが水を吸わない台所用ふきん。一人暮らしを始めたころから「ふきん」ジプシーで、良いといわれるふきんはさんざん試してきました。

 

現在のところ私のふきんランキングはこちら↓

 

1位 白雪ふきん (日本)

2位 中川政七商店の蚊帳ふきん(日本)

3位 スポンジふきん Schwammtuch (ドイツ)

 

f:id:doitsunotobira:20170607003358j:image

 ドイツのスポンジふきんの素晴らしさは、その吸水性と乾きの良さ。

びしょびしょのシンクもさっとひと拭きするだけで大抵の水気は吸うし、ぎゅっと絞っておいておけばパリパリに乾きます。いつまでもじめじめすることがないので、菌の繁殖も少なさそう。

 

 

f:id:doitsunotobira:20170607003401j:image

 断面図はこんな感じで、スポンジ状になっています。メーカーによって厚さが若干異なりますが、いまのところダメなスポンジふきんにはあたっていません。

f:id:doitsunotobira:20170607003410j:image

 表面の拡大写真。これはドラッグストアのプライベートブランドのもの。

 

スポンジふきんはスーパーやドラッグストアなどどこでも買えますし、安くて軽いので、ドイツのお土産にもぴったりです。私もドイツに旅行に来た時には買い込んで帰っていました(ほとんどが自分用ですが)。