ドイツの扉

ドイツの扉

1年間限定のドイツ生活。わからないことだらけだけど、ドイツの扉をたたいてみます。

ドイツのおすすめ

ドイツのヘアスタイリング剤事情

太い、硬い、多い、くせ毛という髪の毛の四重苦を抱えてこれまで生きてきましたが、ドイツという国はここに乾燥と硬水によるダメージをプラスしてくれました。もうボロボロでお手上げ状態。 日本にいる頃は、あごの長さのボブをこまめに美容院で切ってもらう…

ドイツでおすすめのハーブティー

ハーブティーというと何となくお洒落な響きですが、ここドイツではハーブティーは薬扱いのことが多いようです。薬局に行くと、通常の薬だけではなく乾燥させたハーブの束や刻んだハーブが積まれていることがあり、ハーブが薬としてドイツ人の生活に根付いて…

ドイツのオーガニックコスメは悪くない、かもしれない

「ナチュラル」とか「オーガニック」という言葉になんとなく拒否反応がある私。確かに良いものなんだろうけど、オーガニックというだけでもてはやされたり、値段がバカに高かったりするのが気になります。 化粧品に関しては、気持ちの問題だけではなく、肌が…

ドイツの制汗剤 その2

ついに出会ってしまったかもしれません。最高の制汗剤に。 先月ニベアのインビジブルという制汗剤が結構おすすめだという記事を書いたのですが、その後新たなニベア製品を試していました。 doitsunotobira.hatenablog.com それがこちら。 ニベアのドライコン…

ドイツでドアを愛でる旅

なぜだかわかりませんが、ドアが好きです。ブログのタイトルを「ドイツの扉」にしたのもその理由から。インスタグラムでも世界のドアの写真をアップしているアカウントをうっとり眺める毎日。ドイツに来てからはドア熱が更にヒートアップし、旅先では観光名…

ドイツの「ふきん」は世界で3番目に素晴らしい

昔から水気を吸わないタオルやハンカチが許せないのですが、一番許せないのが水を吸わない台所用ふきん。一人暮らしを始めたころから「ふきん」ジプシーで、良いといわれるふきんはさんざん試してきました。 現在のところ私のふきんランキングはこちら↓ 1位 …

ドイツでお弁当箱を買ってみた

日本人なら誰もが共感できる悲しい出来事、それは「お弁当の汁気がカバンの中で漏れている」事件。学生のころにはそのせいで教科書が汚れてしまったり、お弁当を包んでいたお気に入りのハンカチにシミがついてしまったりと、悲しい思いを何度かしました。 卒…

ドイツで紅茶にはまる

南ドイツに住む私にとって、北ドイツは未知の国。魚と強い酒が好きな人が多そうだという勝手なイメージしか持っていませんでした。 先日夫の同僚で北ドイツのオストフリースラント地方出身の方からオストフリースラント土産の紅茶をいただきました。オストフ…

ドイツのおすすめお土産★Vom Fassサンプラーセット

Vom Fassはドイツ発祥のオイル・ビネガー・リキュールの量り売り専門店。お店の中にはずらりと樽や瓶が並んでいます。お店にあるものは試飲ができて、気に入ったものを好きな瓶に詰めてもらえるのが魅力です。 ドイツ国内のあちこちにお店があり、東京にも出…

ドイツの制汗剤

ドイツもそろそろ汗ばむ季節になってきました。 汗かきなので制汗剤は必須。 ちなみにドイツのドラッグストアの制汗剤コーナーは圧巻の品揃え。 商品がありすぎて選ぶのが大変! とりあえず、ドイツならニベアだろうということで、制汗剤もニベアのものを試…

ドイツでの肌のお手入れ*その2

ドイツの硬水は手強い。 髪だけではなく、全身の肌がギシギシになります。 doitsunotobira.hatenablog.com 日本にいた時にはひじ、ひざ、かかとにクリーム塗るくらいでしたが、そんなもんでは追い付きません。 ふくらはぎや二の腕の裏側や、挙句の果てにはお…

ドイツの髪ギシギシ問題

剛毛でくせ毛の私の髪。 これまでドイツに遊びに来るときには、必ず日本からシャンプーとトリートメントを持参していました。 泡立たないシャンプー。 いつまでもヌルヌルがとれないトリートメント。 硬水のせいで乾かした髪はギシギシ。 日本に帰るころには…

ドイツで風邪をひいたら

ドイツの春は天気が変わりやすく、さっきまでは半袖でも暑かったのに、急にコートが必要になるほど寒くなるということもしばしば。 空気も日本に比べると乾燥しているので、風邪を引きやすくなります。 私も早速風邪でダウン。 日本だったらちょっと喉の痛み…